風俗・メンズエステのお役立ち情報

解決!アロマ君!風俗・メンズエステ求人

お仕事やテクニック

風俗エステ(風エス)の給料・平均収入・バック相場はどれくらい?

投稿日:

風俗エステとはメンズエステのヌキ有り(ハンドフィニッシュあり)版のサービスを指し、最近人気の業種です。回春エステや性感エステても風俗エステの一種です。

警察によるメンズエステの摘発が頻繁に行われるようになった2021 年。メンズエステで働いていたセラピスト達が風俗届けを出して開業している「風エス」に移籍するケースもよくあることですよね。

しかし、風エスの稼ぎはどれぐらいなのか?といったところは気になるところ。とくにヌキなしの健全なメンエスとの給料比較はいったい…?!

この記事では、

  • 風俗エステの収入システム
  • 風俗エステの給料内容
  • 風俗エステとメンズエステの稼ぎ方の違い

ついて解説していきます。とくに風エスとメンエスで「どっちで働こうか?」と悩まれている方は読んでおいて損はない内容になっています。 

風俗エステ(風エス)の給料システムとは?

まずは、ナイトワーク初心者の方に向けて風俗エステの給料システムについて解説していきます。 経験者の方は収入内容・給料相場おすすみください。

風俗エステは一般的なアルバイトとは違い、 時給制を採用しているお店はほとんどありません。時給制とはお客さんから頂いた売り上げの中から一定額をアルバイトの方に支払うシステムです。お客さんが来店しなくても給料は発生します。

では、風俗エステはどうでしょうか?

風俗エステだけに限らず、風俗業全般的な給与システムとして完全歩合制が用いられています。完全歩合制とはお客さんから預かって売り上げの中からお店とセラピストであらかじめ決められたパーセンテージに基づき、お金を山分けすることです。

例えば、60分15000円のお店だとしましょう。 お店の取り分が50%という取り決めをしていると女の子の取り分は7500円になります。つまり、実働1時間で7500円の収入を手に入れることができるということです。

注意しないといけないのはお客さんが一人も来ないと、時給保証やトータル保証などお店側と保証の取り決めを行なっていないと基本的な給料が発生しないということ。

風俗エステの給料は1日の終わりに手渡しで日払いされることが一般的です。次の出勤日に渡すお店もあるようですが、月払いや週払いはトラブルの原因にもなりかねるのでなるべく避けるのが無難ではないでしょうか。

風俗エステ(風エス)の給料相場はどれくらい?

では早速ですが風俗エステの給料の相場はどれくらいでしょうか? SNSの口コミをもとに確認していきたいと思います。

風俗エステのバック率・バック単価の相場

風俗エステの平均のバック率は50%から65%で女の子の人気などでも変動します。バックの単価は60分7500円~9000円前後です。デリヘルなどに比べると単価は少し下がりますがオプション使用率が風俗業界でも高いため副収入に期待です。

風俗エステの時給・日給・月給の相場

風俗エステのに時給はありませんが待機を含めて時給4000円前後が相場といわれています。日給は20000円~35000円前後。月給はレギュラーの月15日~20日出勤で30万円~50万円前後が多いようです。※お店によって異なります

風俗エステのSNSにおける給料比較

風俗エステのSNSにおける給料比較です。このデータからも分かる通り「オプション」と「チップ」が稼ぎの要になります。OP代とチップのみで一日の売上を超えることも。

風俗エステ(風エス)はなぜ儲かる?収入内容を徹底解説!

風俗エステの給料システムについては理解できましたか?さらに詳しい収入の明細を確認していきたいと思います。

指名バック

風俗エステではプロフィール写真を見て特定の女の子を選び指名することができます。インターネットの写真や雑誌の記事を見て女の子を指名すると料金が発生し、お店と女の子で取り分を決めて山分けします。さらに、一度入店した女の子をもう一度指名して次回入店することを本指名とよび、バックも優遇されます。

指名で常に埋まっている女の子は指名料金が値上がりし、 値上がりした料金分は女の子にボーナスとして渡すお店も少なくないようです。

オプションバック

風俗エステでは別料金でオプションつけることができる。女の子は自分ができる範囲内で可能なオプションと不可能なオプションを選んでおくことができる。主なオプションとして

コスプレ:シチュエーションに合わせた衣服を着替えること
ソフトタッチ:おっぱいへのソフトタッチ
キス:キスをすること
上半身ヌード:セラピストが上半身裸でのマッサージ
オールヌード:セラピストが全裸で寝ません
男の潮き:男性が射精後にさらにハンドサービスを行う上級テクニック
エネマグラ:エネマグラという器具を使用して前立腺のマッサージ

といったプレイが存在します。風俗エステのオプションバックは50%から100%とプレイによって変わる場合も多いです。

チップ

風俗エステをはじめとした風俗業ではお客さんにプレイ料金とは別にチップを貰う機会もあります。とくに地方への出稼ぎではチップの大小で稼ぎが左右されるぐらいもらえることもあるようです。

風俗エステといえば店舗型・派遣型に分かれていて、派遣型のお店はセラピスト自身がお金のやり取りをするため店舗型に比べてチップにはもらいやすい傾向にあります。

また、給料日後やボーナス期間などチップの遭遇率がアップする時期がありますので、繁忙期はなるべく出勤を増やすと給料アップにもつながります。

臨時収入ボーナス

お正月や繁忙期など忙しい時期に出勤するとお店から臨時収入のボーナスが支給されることがよくあります。また、求人サイトによってはお店に面接に受けに行く段階で一次ボーナスを、お店に入店が決まったらさらに二次ボーナスを支給するサイトもあるようです。

お店側が発信している求人情報で発信している入店お祝い金や新人ボーナスなどは

・月間本指名人数100人以上
・1ヶ月以内地名ランキング3位以内
・月間の売上が300万円以上

といった条件が設定されていることがほとんどです。あまり過度な期待をしないように確実にもらえそうなボーナスだけ狙うようにしましょう。

風俗エステ(風エス)の給料の保証制度とは?

まず断言しておくと風俗エステにおける保証はほぼほぼ存在しません。「求人サイトで保証制度ありって書いてるけど…」といった内容も理解できますが、ほとんどはボーナスと同じくかなり厳しい条件が付けられています。

そんな中でも少し期待ができる補助制度について解説していきたいと思います。 

時給保証

風俗エステの給料保障制度の一つとして時給保証というものは存在します。ほとんどのお店では基本的には扱っていませんが、移籍する条件として時給保証をつけてもらえるケースは増えてきているようです。

・相場は時給1000円から1200円前後
・5時間以上勤務や月15日以上出勤など条件あり
・デフォルトとして時給保証がある店は少なく交渉次第

といったところ。時給保証があるのとないのとでは安定感が全然違うの入店する前に必ず交渉しておくようにしましょう。

トータル保証(期間保証)

「日払い保証◯円」といった内容をよく見かけますが条件が「本指名100本以上」など現実的な数字でない場合が多いです 。その点、毎日のお給料ではなく一定期間出勤する代わりに保証をしてもらうトータル保証(期間保証)は交渉しやすいです。

「1日8時間以上・10日間勤務で30万円」といったトータル保証があったとします。 この募集は「1日8時間以上10日間働いたら最低のお給料として最後に30万円お支払いします」といった内容になります。

もちろん保証額に満たない売上だとお店が損をしてしまいますよね。風俗業界では保証額に満たない売上のことを保証割れといいます。トータル保証を結ぶ場合はほとんどのケースで「この女の子だったら採算は取れる」と考えて取り決めるでしょう。

在籍では、女の子の人気は変化していくためなかなか保証は付けれませんが、一定の期間しかいないレア感のある出稼ぎ嬢などに対してはかなりの確率でトータル保証は取りやすいです。出稼ぎする際は、入店する前にトータル保障をきちんと交渉しておくようにしましょう。

風俗エステ(風エス)の給料から天引き?雑費・交通費など

風俗エステの運営にはさまざまなお金がかかりその一部をセラピストが負担することもあります。ではどういったお金の負担するのでしょうか?風俗エステの給料から天引きされるさくや交通費などについて解説していきたいと思います。

雑費

お店を運営するにはいろんなランニングコストがかかります。

  • 家賃
  • 店舗の光熱費
  • スタッフの人件費
  • ドライバーの人件費
  • 待機室の維持
  • タオル・タオル洗濯
  • マッサージオイル
  • ローション
  • 衣装やコスプレの維持費
  • イソジン
  • マウスウォッシュ

雑費は一日の売上げの5%か、1000円~2000円くらいが相場です。売上が低い日は雑費が免除されるお店もあります。

送迎費

都市部はあまりありませんが地方部は送迎が基本になります。都市部を例にあげると退勤時刻が0時を超える女の子のみなど条件付きで送迎しを行っている風エスはあります。

送迎にかかる費用の一部として1000円前後の負担を求めるお店があります。半分くらいのお店は送迎は無料で行っています。 ドライバーの人件費・送迎車の維持費・送迎車のガソリン代などに使用されます。

寮費

都内などではあまりありませんが地方などでは寮付きのお店も珍しくありません。大体が大部屋で2000円・1人部屋で3000円が一日の相場です。寮に宿泊している場合は、1日1日生産時に支払うパターンと、 まとまった期間の終わりにまとめて支払うパターがあります。

風俗エステとメンズエステはどっちが稼げる?

まず、結論から言うと風俗エステとメンズエステでは収入面だけ見るとあまり大差のない業界です。プレイ料金もほぼ同じなためセラピストの人気次第。

総合的にはあまり変わりませんが風エスとメンエスでは稼ぎ方の特徴は少し違います。

メンエスは在籍保証・風エスは出稼ぎ保証が優遇されやすい

大きな稼ぎ方の違いとしてメンズエステと風俗エステは給料保証の出やすさが異なります。メンズエステは時給保証がやすい業種です。ー時給保証についてまで移動ー

そのため地元で在籍で働いたりするのに向いています。

反対に風俗エステは出稼ぎなどのトータル保証が優遇されやすい業界です。ートータル保証についてまで移動ー

ある程度の稼ぎが保証されれば、初めての土地でも安心して稼ぎやすいですよね。風エスは出稼ぎに向いている業種といえるでしょう。

 風エスは副業向き・メンエスは専業向き

お店によって変わりますが、メンズエステはシフト時間が一週間ごとに決められているお店が、風エスは自由出勤のお店が多く、時間の融通は風エスのほうがやや有利。

風エスはメンエスよりもチップが受け取りやすいといわれています。短時間で働くにはチップの稼ぎにより全体の収入がかなり左右されます。~風エスのチップへ移動~

そのため、一般的には風エスは副業に向いていて、メンエスは専業に向いていると言われています。メンエスも風エスも一長一短なので特徴をとらえて働くことが大切ではないでしょうか。 

-お仕事やテクニック
-

Copyright© 解決!アロマ君!風俗・メンズエステ求人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.